嘘つきのひとりごと

こんばんは
森あんぱんです世の中はいろいろな事件がありなんだか悲しい気持ちになることがとても多くそんな雰囲気に人々が流されてしまっているような悲しみを感じております
私は歌を作るとき自分の心の傷口からポケットを出しそこのポケットからぎゅぅぅっと言葉の引き出しを引っ張り出します
辛かったことってなんでこんなに鮮明に覚えていて嬉しかったことは何でこんなにも脆くはかなく消えてしまうんだろう忘れてしまうんだろう
そんな気持ちであふれています
今身動きが取れず思うように活動ができない中でわたしは歌を毎日作っています人と触れ合い学び感じ作るものが多いです
嘘をつかれたときついたあなたはどんな気持ちで着いたのかな?自分を守るためについた嘘なのでしょうか?
私には分からないことだらけ
優しいウソ嘘fake謎
迷子迷宮
好き嫌い
苦い甘い
無限のループで今私が経って息をして生きている

人間の感情心理に寄り添った楽曲を12曲作ってアルバムにすることが来年の目標です
生きていきたいから
分からないけど生きていたいから
呼吸して感じて花冠を研ぎ澄ませて今息をしている
みんな違う同じ人はいない
今泣いている人は何に悲しんでいるのかな?それともうれしくて泣いているのかな?
ありがとうありがとう
君は一人しかいないから同じ人なんていないから
真面目なメンヘラ人間森あんぱんがそんな歌を作ることにした
どうか自己満の正義が
人々の喜びの歌に変えていきたいな
人は変わるし自分も周りの人も変われるよ
1つ呟いた小さな嘘が大きな傷口にならないうちにちゃんと埋めてあげてね
今日のあなたの処方箋
胃腸に粘膜を張るために乳製品をとりましょうか
読んでくれてありがとう
したっけ